【FIFA15 UT】夏の移籍(2015)がカードに反映開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FIFA 17

2015-16シーズン開幕へ向け、夏の移籍が進んでいます。

UTでも移籍がカードに反映されますが、早くも移籍がカードに反映され始めました!

fifa15 ut 夏 移籍 反映
List of FIFA 15 Ultimate Team Summer Transfers

もしお気に入りの選手が自分の使うリーグのスカッドに移籍すれば、ケミストリーを気にせず使うことができるようになります。また、所属クラブが変更されるだけでなく、能力値の変更もあるようです。(注意点:手元にあるカードが更新されるのではなく、新たにカードが発行される形になるので、新たに買いなおす必要があります。)

今回は、UTに反映された選手のリストと、移籍が決まった選手を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

目次

  1. 総合値アップの選手も!UTに反映された選手のリスト。
  2. 今夏、移籍が決まった注目の選手を紹介(7/5現在)。

総合値アップの選手も!UTに反映された選手のリスト。

今夏の移籍のUTへの反映は、7/3(金)から始まりました。選手のリストはこちら。

7/3(金)反映分

【クリスティアン・ロドリゲス】総合値79・LM・アトレティコ・マドリード(リーガ)。
今冬にアトレティコ・マドリードからパルマへローン移籍するも、経営難でグレミオへローン移籍。今夏、アトレティコ・マドリードへ復帰。
クリスティアン・ロドリゲス アトレティコ 復帰

【アーロン・レノン】総合値78・RM・トッテナム(プレミア)。
総合値79から78へ。今冬にトッテナムからエバートンへローン移籍。今夏、トッテナムへ復帰?
アーロン・レノン トッテナム 復帰?

【クリスティアン・アツ】総合値76・LW・ボーンマス(プレミア)
総合値75から76へ。チェルシー所属。ボーンマスへローン移籍。
クリスティアン・アツ ボーンマス 移籍

アーロン・レノンは総合値79から78へダウン。一方、クリスティアン・アツは総合値75から76へアップ。移籍は所属クラブが変更になるだけではなく、能力数値の変動もあるようですね。

アーセナルへ移籍が決まったチェフや、チェルシーへの移籍が決まったファルカオなどは、7/3の反映には含まれていませんでした。今後反映されていくと思われます。

今夏、移籍が決まった注目の選手を紹介(7/5現在)。

7/5現在でUTにはまだ反映されていないが移籍が決まっている注目選手を紹介したいと思います。

【参考】移籍情報-goal.com

【ロベルト・フィルミーノ】
ホッフェンハイム(ブンデス)からリヴァプール(プレミア)へ。移籍金推定4100万ユーロ。(Wikipedia
ロベルト・フィルミーノ

【ジェフリー・コンドグビア】
モナコ(リーグアン)からインテル(セリエ)へ。5年契約。推定移籍金3500~4000万ユーロ。(Wikipedia
ジョフレイ・コンドグビア

【パウロ・ディバラ】
パレルモ(セリエ)からユヴェントス(セリエ)へ。5年契約。移籍金3200万ユーロ+ボーナス最大800万ユーロ。(Wikipedia
パウロ・ディバラ

【メンフィス・デパイ】
PSV(エール)からマンチェスター・ユナイテッド(プレミア)へ。4年契約+オプション1年間。移籍金3000万ユーロ。(Wikipedia
メンフィス・デパイ

【ドグラス・コスタ】
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)からバイエルン・ミュンヘン(ブンデス)へ。5年契約。移籍金3000万ユーロ。(Wikipedia
ダグラス・コスタ

【アンドレア・ベルトラッチ】
ローマ(セリエ)からミラン(セリエ)へ。4年契約。移籍金2000万ユーロ。(Wikipedia
アンドレア・ベルトラッチ

【マリオ・マンジュキッチ】
アトレティコ・マドリー(リーガ)からユヴェントス(セリエ)へ。4年契約。移籍金1900万ユーロ+ボーナス最大200万ユーロ(Wikipedia
マリオ・マンジュキッチ

【ペトル・チェフ】
チェルシー(プレミア)からアーセナル(プレミア)へ。4年契約。移籍金推定1100万ポンド前後。(Wikipedia
ペトル・チェフ

【ラダメル・ファルカオ】
モナコ(リーグアン)からチェルシー(プレミア)へ。1年間レンタル。(Wikipedia
ラダメル・ファルカオ

【ミランダ】
アトレティコ・マドリー(リーガ)からインテル(セリエ)へ。3年契約(レンタル+買い取り義務)。レンタル料+移籍金1200万ユーロ。(Wikipedia

【ディミトリ・パイェ】
マルセイユ(リーグアン)からウェスト・ハム(プレミア)へ。5年契約+1年オプション。移籍金推定1500万ユーロ。(Wikipedia

【サミ・ケディラ】
レアル・マドリー(リーガ)からユヴェントス(セリエ)へ。4年契約。フリー移籍。(Wikipedia

【カルロス・テベス】
ユヴェントス(セリエ)からボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)へ。(Wikipedia

【ナサニエル・クライン】
サウサンプトン(プレミア)からリヴァプール(プレミア)へ。5年契約。移籍金1250万ポンド。(Wikipedia

【カルロス・バッカ】
セビージャ(リーガ)からミラン(セリエ)へ。5年契約。(Wikipedia

【ルイス・アドリアーノ】
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)からミラン(セリエ)へ。5年契約。移籍金800万ユーロ。(Wikipedia

【岡崎慎司】
マインツ(ブンデス)からレスター・シティ(プレミア)へ。3年契約。移籍金推定1000万ユーロ。(Wikipedia

【武藤嘉紀】
FC東京からマインツ(ブンデス)へ。3年契約。移籍金300万ユーロ。(Wikipedia

【宮市亮】
アーセナル(プレミア)からザンクト・パウリ(ブンデス2部)へ。3年契約。フリー移籍。(Wikipedia

個人的に気になるのは、PSVからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した「メンフィス・デパイ」。14-15シーズンは22得点を挙げ、得点王とリーグ優勝に貢献しています。
Memphis Depay FIFA 15   79 NIF   Ultimate Team Stats   Futhead

TOTSにも選ばれており、次のカードは総合値80を超えると思われます。

また、プレミアリーグ初挑戦の岡崎慎司や海外初挑戦の武藤嘉紀の活躍も注目です。武藤はUTではどのような数値になるのでしょうか。

移籍へ向け、現在交渉中の選手も多くいます。今後、どのような移籍があるのか注目ですね。

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加