【14-15 CL】バルサ強し!決勝でユヴェに3-1で勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FIFA 17

日本時間6/7(日)早朝に行われた2014-15 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝を制したのは、バルセロナ

imgres

2010-11シーズン以来4季ぶり5度目のCL優勝となりました。国内リーグ、カップ戦、CLを制し、3冠(トレブル)も達成!

ユヴェントスは惜しくも準優勝。1995-96以来の優勝と3冠はなりませんでした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

目次

  1. 決勝戦のスターティングメンバー
  2. 決勝戦のスコアとゴールハイライト
  3. バルサ、ビッグイヤーの永久保持ができるように
  4. 得点王は3人!メッシ・ロナウド・ネイマール
  5. 来年のCL決勝はサン・シーロで

決勝戦のスターティングメンバー

ベルリン・オリンピアシュタディオンで行われたCL決勝。

Olympicstadium2

スターティングメンバー

バルセロナ
GK シュテーゲン
DF ピケ
  マスチェラーノ
  アルバ
  ダニエウ・アウヴェス
MF ラキティッチ → DF ジェレミ・マシュー(90+1分)
  ブスケツ
  イニエスタ  → MF シャビ(78分)
FW スアレス → FW ペドロ(90+6分)
  メッシ
  ネイマール

ユヴェントス
GK ブッフォン
DF バルザリ
  ボヌッチ
  リヒトシュタイナー
  エヴラ → MF キングスレイ・コーマン(89分)
MF ポグバ
  マルキージオ
  ピルロ
  ビダル → FW ロベルト・ペレイラ(79分)
FW モラタ → FW フェルナンド・ジョレンテ(85分)
  テベス

練習中にふくらはぎを負傷したDF キエッリーニを欠くユヴェントスと、ベストメンバーで臨むバルセロナ。バルセロナ有利の予想が多い中、決勝戦はどういう試合だったのでしょうか。

決勝戦のスコアとゴールハイライト

ユヴェントス vs バルセロナ

13

得点
4分:ラキティッチ(バルセロナ)
55分:モラタ(ユヴェントス)
68分:スアレス(バルセロナ)
90+7分:ネイマール(バルセロナ)

決勝MVP:イニエスタ(バルセロナ)

ゴールハイライト

4分、ペナルティエリア内でパスを受けたネイマールが外へ逃げながら走りこんできたイニエスタにパス。パスを受けたイニエスタは冷静にフリーのラキティッチへパス。ダイレクトで放ったシュートはゴール右へ吸い込まれる。0-1

14-15 cl ラキティッチ

55分、マルキージオの華麗なヒールパスを受けたリヒトシュタイナーがゴール前のテベスへパス。テベスが振り向きざまにシュートを放つもゴールキーパーが弾く。こぼれてきたところをモラタが冷静にゴール左に押し込む。1-1

14-15 cl モラタ

68分、センターライン付近でパスを受けたメッシが、ドリブルでペナルティエリアまで持ち込みシュート。ゴールキーパーがセーブするも、こぼれたところをスアレスが押し込む。1-2

14-15 cl スアレス

90+7分、センターライン付近でパスを受けたネイマールがドリブルで持ち込み、ペドロへパス。再びパスを受けたネイマールが冷静に放ったシュートはゴール右へ吸い込まれる。1-3

14-15 cl ネイマール

試合データ

ユヴェントス:バルセロナ

合計シュート数→14:17
枠内シュート数→6:8
ポゼッション→38%:62%
パス成功数→266:491
パス成功率→79%:88%
CK→8:6
オフサイド→1:0
ファウル数→24:12

goal.com(ユヴェントスvsバルセロナ)より

ポゼッションやパスなどはバルセロナが圧倒していますが、シュート数はあまり差がありませんでした。中盤でバルセロナがパスを回してもユヴェントスはシュート直前で止める、もしくはブッフォンのシュートセーブのシーンが多かったように感じます。

ただ、バルセロナはやはり強かった。ユヴェントスのファウル数が多いように、ファウルしないと中々止められない”MSN”は脅威的でした。最後はFWの決定力の差がスコアに表れたと思います。

CL決勝のハイライト動画はこちら

バルサ、ビッグイヤーの永久保持ができるように

2010-11 CL決勝でマンチェスター・Uを3-1で下して以来の優勝を果たしたバルセロナ。

1992、2006、2009、2011、2015とこれで5度目のCL優勝となり、ビッグイヤー(CL優勝カップ)の永久保持ができるようになりました。

14-15cl xavi iniesta final

ビッグイヤーは通常であれば1年間クラブで保持の後、返却する必要があります。しかし、通算5回の優勝もしくは3連覇を達成すれば、クラブで永久に保持できるようになります。

ちなみに永久保持を認められたクラブは、レアル・マドリード(優勝10回、5連覇)、ACミラン(優勝7回)、バイエルン・ミュンヘン(優勝5回、3連覇)、リヴァプール(優勝5回)、バルセロナ(優勝5回)、アヤックス(3連覇)の6チーム。バルセロナは7チーム目になりますね。

また、CL優勝したことで、欧州サッカー連盟の代表として、2015年12月に日本で開催される2015 FIFAクラブワールドカップの出場権を獲得しました。

FIFA_CLUB_WORLDCUP

日本での開催は2012年以来。開催地は横浜国際総合競技場と大阪長居スタジアムで、関西地区では初めての開催になります。決勝戦は横浜国際総合競技場で行われる予定です。

得点王は3人!メッシ・ロナウド・ネイマール

決勝戦前の得点王は、10得点のメッシとC.ロナウドの2人で、続いて9得点でネイマールがいました。7得点のテベス、6得点のスアレスにも得点王の可能性がありました。

そして決勝で得点を決めたのは、ネイマールとスアレス。スアレスは通算7得点で及びませんでしたが、ネイマールは1得点を重ね、通算10得点となりました。

その結果、得点王はメッシ、C.ロナウド、ネイマールの3人に。試合のなかったC.ロナウドも得点王に輝きました。

得点王が3人というのは1999-2000 CLのラウール(レアル・マドリード)、リバウド(バルセロナ)、マリオ・ジャルデウ(FCポルト)以来です。

Raúl_González_in_Real_Madrid_2009 Rivaldo 200px-MarioJardel

来年のCL決勝はサン・シーロで

14-15 CLが終わったばかりですが、来年のCL決勝の舞台はイタリアの「サン・シーロ」で行われる予定です。正式名称は「スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ」。

CIMG4880

ACミランのホームスタジアムであり、インテルのホームスタジアムでもあるというサン・シーロ。スタジアムはミラノ市が所有しているため、ACミランもインテルも借りて使用しており、2つのクラブがホームスタジアムとしているようです。

サン・シーロの舞台に立つのはどのチームになるのでしょうか。今年のCL決勝はとても見ごたえがあったので、来年も楽しみですね。

【参考サイト】・Wikipedia -UEFAチャンピオンズリーグ
記録ずくめのCL決勝。バルサは欧州史上初となる2度目の3冠達成

15/06/09 広告を追加

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加