【FIFA16】体験・デモ版が日本でも配信開始!やってみた感想。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FIFA 17

10/8(木)に発売予定のFIFA16(日本版)の体験版が、9/9(水)昼頃よりPlayStation Storeで配信が始まりました!

image.img

一般ユーザーが初めてFIFA16をプレイできる体験版。早速PS4の体験版をプレイしてみた感想をまとめました!

【PS3版体験版の感想】【FIFA16】PS4版とPS3版の体験版の違いを比較してみた。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

目次

  1. FIFA16体験版のダウンロード方法。
  2. AIが賢くなった!動きが良くなった。
  3. 新要素の使い心地は?
  4. FIFA16体験版のまとめ。

FIFA16体験版のダウンロード方法。

FIFA16体験版は、①ウェブから操作して対応機種にダウンロード(リモートダウンロード)することもできますし、②機種からPlayStation Storeにアクセスしてダウンロードすることもできます。

EA SPORTS™ 「FIFA 16」ダウンロード体験版(PS4)   PlayStation®Store 日本

ウェブからダウンロードする場合はこちら。ダウンロード容量は、PS4版が4.2GB、PS3版が1.6GBです。
「FIFA 16」ダウンロード体験版(PS4版)
「FIFA 16」ダウンロード体験版(PS3版)

PS4版は私の回線(24.0Mbps=3MB/sec)で約20分でダウンロードできました。インストールはすぐに終わります。

AI動きが良くなった!プレイしてみた感想。

ダウンロード・インストールが終わり、早速起動してみました!

FIFA 16 体験版 イントロ

まずはバルセロナvsレアル・マドリードの「クラシコ」から始まります。グラフィックがより綺麗になった印象で、メッシのタトゥーもしっかり再現されていました。

FIFA 16 体験版 イントロ メニューの操作

私は「サイド選択」でチームをバルセロナに変え操作しました。実際にプレイして気付いた点を挙げてみます。

①AIの動きがいい。

FIFA16のAIは攻撃・守備において、とても動きがいいです。攻撃の際は自分がボールを持っている間に前線に上がる動きがFIFA15と比べて多く、守備の際はFIFA15で通っていたような距離のパスをAIがカットしてくれることが多いです。特にスルーパス系はうまくスペースに出さないとカットされやすいです。

fifa16 チームでの守備

攻撃の際は相手選手の動きを見ながらパスを出し、状況に応じて「ドライブグラウンダーパス(R1+パスボタン)」の早いパスを使うことをオススメします。普通のパスより通りやすいです。ただ、早いパスが近距離だとドラップが乱れることがあるので、要所で使うようにするといいかもしれません。

②ドリブルで抜きづらい。

FIFA15で厄介とされていたドリブル(ゴリブル)ですが、FIFA16では改善され、FIFA15と比べてドリブルでディフェンス選手の間を抜きづらくなっています。守備AIの動きがよくなったということもありますが、ドリブルスピードが遅くなっているような印象です。キックオフからドリブルして得点を決めるというのは少なくなりそうです。

fifa16 ノータッチ・ドリブル

また、FIFA16より「ノータッチ・ドリブル」が追加され、1対1でCOM相手にかなり有効だと思います。ボタンを押している間ボールに触れずにフェイントをします。動く際はボタンを離しましょう。コマンドは小さいノータッチ・ドリブルなら「L1」、大きくフェイントするノータッチ・ドリブルなら「L1+R2」です。

③シュートは比較的入りやすい?

シュートボタンを押せばバンバン入るという意味ではなく、冷静に適度なシュート力でシュートすれば入りやすい印象です。特に、コントロールシュート(R1+シュートボタン)は入りやすい感じがします。

普通のシュートはFIFA15の感覚で打つと弱いシュートになってしまうので、気持ち強めでいいかもしれません。また遠目からなら、フレアシュート(L2+シュートボタン)も活用しましょう。シュートは入りにくいこともなく、入りやすいということでもなく、絶妙なバランスだと思いました。

④FIFAトレーナーは初心者向け?

初期設定で有効になっている新要素「FIFAトレーナー」。選手の上部に適切なコマンドが表示されます。

fifa16 FIFAトレーナー

FIFAトレーナーにはレベル毎に表示されるコマンドが異なります。例えば、レベル1であればパスやタックルなどのコマンドが、レベル6であれば跳ねるロブパスやトリガーランなどのコマンドが表示されます。

初心者であればレベルの低い方から設定して基本的なコマンドを覚え、徐々にレベルを上げて上級コマンドを覚えていくのに役立つと思います。コマンドを知っていればFIFAトレーナーは必要ないと思いますが、おさらいの意味で一度レベルを色々変えてみてみるのもいいかもしれません。

レベルは「R3+十字キー」で試合を止めずに変えることができます。「R3」で表示非表示を切り替えます。

体験版で使える女子チームとFUTドラフト!

「クラシコ」の試合が終わると、FIFA16の特徴が表示された後、ホーム画面に行きます。体験版でできることは、収録されたチーム(女子チーム含む)同士で対戦する「キックオフ」と新要素の「FUTドラフト」です。(体験版の詳細はこちら。)

女子チームも使える「キックオフ」

バルセロナやレアル・マドリードの他にもクラブチームが収録されています(収録チームはこちら)。合計10クラブチームから選び、COMと対戦できます(難易度はビギナーからレジェンドまで)。試合中の実況は英語のみです。

ここでは女子代表チームも操作することができます。体験版ではアメリカ代表とドイツ代表が収録されています。実際にプレイしてみて、操作感は男子と遜色ありませんでした。男子と比べるとスピード感がなかったり、パスが大きくずれたりするのかなと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

長い髪がなびかせながら走る姿をみて、とても新鮮な感じがしました。女子代表チームが収録されることで、FIFAユーザーに女性が増えることがあるかもしれませんね。

新要素「FUTドラフト」

UTに追加された新要素「ドラフト」では、各ポジション毎に5人の選手の中から選手を選び、チームを組んで勝利を目指します。製品版では最大4戦できますが、体験版では1試合でリセットされます。

【参考】【FIFA16】UTに新モード「ドラフト」が搭載!コインやパックがもらえる!

フォーメーションや選手、監督などはすべてランダムで表示されます。UTで中々手に入れることのできない選手を使えるチャンスなので、ぜひ試してみましょう。好きな選手で選ぶのもよし、ケミストリーを考えて選ぶのもよし、勝利を目指しつつ、自分なりのチームを作ってみましょう。

FIFA16体験版のまとめ。

FIFA16体験版をやってみた個人的な感想は、中盤での探り合いがとても楽しいです!近くへのパスであれば通りやすいので、細かいパスで繋ぎ、ここぞのタイミングでスルーパスやドライブパスを出して得点を決めたときは最高です。

ドリブルでガンガン抜かれることは少ないですし、長いパス1本でピンチを迎えることも少ないので、相手と探り合いながら得点を目指す感じはとてもワクワクします。

今はほとんどCOM対戦ですが、早く製品版でオンライン対戦してみたいと思いました。ちなみに、PS4であれば体験版を「シェアプレイ」の機能を使ってオンライン対戦することもできるので、ぜひ試してみましょう。

PlayStation®4 のシェアプレイとはどんな機能ですか?どうやって遊ぶのですか?

製品版の発売が待ち遠しいですね!海外版であれば今月からプレイできるので、検討してみてもいいですね!

とりあえず体験版で「FIFA16」をプレイしてみましょう!


北米版

アジア版

海外版・日本版の発売日や予約の方法についてはこちらを参考ください。

【参考】FIFA16の発売日・予約・購入

【PS3版体験版の感想】【FIFA16】PS4版とPS3版の体験版の違いを比較してみた。

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加