FIFA 20は神ゲー?!ゲームプレイ特徴を超簡単にまとめてみた。

FIFA20 ゲームプレイ 特徴 FIFA20

9/27(金)に発売予定のFIFA 20。

FIFA 20のゲームプレイの特徴は、ピッチノートで紹介されています。しかし、とても長くて要点が分かりずらいと感じたので、超簡単にまとめました。

スポンサーリンク

FIFA 20は神ゲー?!ゲームプレイ特徴を超簡単にまとめてみた。

FIFA 20のゲームプレイの特徴を一言で表すと、「対戦相手との駆け引きが楽しいサカゲー」です。

ゲームプレイのスピードが落ちるので、プレイヤーが判断する時間が増えます。

具体的に言うと、ドリブルを続けるのか、パスを出すのか、はたまたシュートするのか判断する時間が増えるので、相手との駆け引きがうまれやすくなります

つまり、FIFA 20は対戦相手との駆け引きが楽しいサカゲーになりそうです。個人的には神ゲーの予感がします(^^♪

FIFA 20は1対1の状況を重要視している。

FIFA 20は1対1の状況を重要視しています。

1対1の状況を作るために、ポジショニングを改善し、ゲームスピードを落とします。

その代わり、ドリブルで抜く瞬間などの爆発力は強化されます。

つまり、プレイヤーの判断する時間を増やしつつ、一瞬の爆発力の爽快さ・快適さを得ることができます。1対1の勝負が楽しくなります。

1対1の駆け引きを楽しむための新要素を紹介。

1対1の駆け引きを楽しむための具体的な新要素を紹介します。

FIFA 20の新コマンドについては、下記の記事をどうぞ。

攻撃のとき

攻撃の際のツールとして、新しいドリブルやセットアップタッチ、コンポーズフィニッシュなどが用意されています。

新しいドリブル「ストレイフドリブル」

新しいドリブル「ストレイフドリブル」は、とても素早くて、操作性も抜群のドリブルです。

急にドリブルの方向を変えたり、十分に相手を誘って一気に突破することも可能になります。

操作コマンドは「L1ボタン+ドリブル」です。

新コマンド「セットアップタッチ」

新コマンド「セットアップタッチ」はシュートやパスを正確にするための新コマンドです。

セットアップタッチを使ったシュートやパスは正確になります。一方、シュートやパスをするまでに時間がかかるので、ボールを奪われる可能性が高くなります

メリットとデメリットがあるので、状況を見て使う必要があります。

また、シュートやパスだけでなく、クロスでも使えます

操作コマンドは「R1+シュート/パス」です。

改善されたシュート「コンポーズ・フィニッシュ」。

新コマンドではありませんが、GKと1対1などの決定機のシュートが決まりやすくなります

ゴールを確実に決めたいなら、なるべくゴールへ近づき、有利な状況でシュートを打ちましょう。

守備のとき

守備の際のツールとして、コントロールタックルやアジャイルスライドなどが用意されています。

改善されたタックル「コントロールタックル」。

新コマンドではありませんが、タックルでボールを奪いやすくなります

ディフェンダーがチームに有利に働くようにタックルすることが多くなり、アタッカーにボールがこぼれる確率が下がります

改善されたスライド「アジャイルスライド」

新コマンドではありませんが、スライド時にディフェンダーが素早く動けます

これまでよりディフェンス時の操作性がよくなるので、積極的にマニュアルディフェンス(プレイヤーが操作するディフェンス)でボールを奪いに行きましょう。

まとめ:FIFA 20は1対1がうまれやすくなり、駆け引きが楽しいサカゲーです。

FIFA 20は1対1の状況がうまれやすくなり、対戦相手との駆け引きが楽しいサカゲーになります。

素早くて操作性のいいストレイフドリブルで爽快にディフェンダーを抜いたり、セットアップタッチでシュートを警戒させてからのドリブルでディフェンダーを抜いたりなど、操作することが楽しくなりそうです。

ただ、オフェンス側が強化されただけではなく、ディフェンス側も強化されています。

単にドリブルで抜くだけでは勝利できません。相手との駆け引きや先を読んでプレイすることが要求されます。

つまり、プレイヤーの判断やスキルがこれまでより重要になります。プレイヤーの判断やスキルを学ぶために、現実のサッカーを見ることがいいですね。

海外の主要リーグであるプレミアリーグは、8月10日から始まっています。プレミアリーグやラ・リーガなどの海外サッカーを見るなら、「DAZN」がおすすめです。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

当サイトTwitterをフォローしてFIFA 20に関する情報を手に入れましょう!
@fifagameballさんをフォロー

コメント

タイトルとURLをコピーしました