【FIFA 20 UT】特性の意味をまとめてみた!

FIFA20

知っているようで、意外と知らない「特性」についてまとめました。

特性…選手のスキル、スタイル、行動に影響を与えるもの。

例えば、「高精度シュート」の特性を持つ選手は、シュートに最大限のカーブがかかるようになります。ボールの軌道が変わるので、シュートが入りやすくなる可能性が高まります。

特性の意味を理解していれば、強い選手を探す手掛かりになりますね。

スポンサーリンク

特性の意味を一覧にまとめてみた!

FIFA 20の特性は31種類あります。それぞれの特性の意味を表にまとめてみました。

特性説明
高精度シュート
(Finesse Shot)
シュートに最大限のカーブがかかる。シュートの軌道が変わる。
アウトカーブ
(Outside Foot Shot)
アウトサイドでシュートを打てる。
パワーヘッダー
(Power Header)
ヘディングが強力になる。ターゲットポジションに入りやすくなる。
ロングスロー
(Long Throw-In)
スローインの最大飛距離が大きくなる。
超ロングスロー
(Giant Throw-In)
スローインの最大飛距離がさらに大きくなる。
アーリークロス
(Early Crosser)
アーリークロスを上げる頻度が高まる。
ドリブンフリーキック
(Power Free-Kick)
より強いフリーキックを蹴ることができる。
スワーブ
(Swerve)
アウトサイドで打つシュートが正確になる。パスに最大限のカーブがかかる。
ファンシーパス
(Fancy Passes)
フレアパスをミスする確率が低くなる。
華麗な身のこなし
(Flair)
フレア操作なしでフレアパスやシュートを行うことがある。選手を避けるため、低いロブパスではなく高いロブパスを出す。
負傷癖
(Injury Prone)
接触時に怪我をする確率が高くなる。
鉄人
(Solid Player)
接触時に怪我をする確率が低くなる。
果敢な飛び出し
(Pushes out of Goal)
積極的にボックスから飛び出す。
慎重なクロス対応
(Cautious with Crosses)
相手よりも先にボールを触れられる可能性が大きい時にのみ、クロスをインターセプトしようとする。
積極的なクロス対応
(Comes for Crosses)
相手よりもわずかに先にボールを触れられる状況でも、クロスをインターセプトしようとする。
GK 足でのセーブ
(GK Saves with Feet)
至近距離からのシュートを阻止する確率が高くなる。
GK フラットキック
(GK Flat Kick)
ドリブンサイドキック(R1長押し)を行えるようになる。
GK ロングスロー
(GK Long Throw)
遠くの選手を狙ってボールを投げられる。
バイシクルキック
(Bicycle kicks)
状況に応じてバイシクルキックを行う頻度が高まる。
プレースキッカー
(Set Play Specialist)
セットプレイの際に、エイムが中央に戻らなくなる。
セカンドウインド
(Second wind)
75分時点で試合に負けていると、試合終盤に疲れにくくなる。
リーダーシップ
(Leadership)
キャプテン選出の判断材料になる。
クラブの象徴
(One Club Player)
キャプテン選出の判断材料になる。
チームプレイヤー
(Team Player)
キャプテン選出の判断材料になる。
ダイビングタックル
(Dives Into Tackles)
スライディングタックルを使用する頻度が高くなる。
チップシュート
(Chip shot)
チップシュートを打つ可能性が高くなる。
テクニカルドリブル
(Technical Dribbler)
長い距離をドリブルしたり、ジグザグにドリブルする頻度が高くなる。シュートコーナー時にサポートにかけつける可能性が高くなる。
高速ドリブル
(Speed Dribbler)
長い距離をドリブルしたり、ジグザグにドリブルする頻度が高くなる。
ロングパスの名手
(Long Passer)
ロングパスを出す頻度が高くなる。
ロングシューター
(Long Shot Taker)
ボールを運びながらロングシュートを狙う頻度、遠距離からボレーシュートを狙う頻度が高くなる。
プレイメーカー
(Playmaker)
ボールが集まりやすくなり、攻撃を組み立てる頻度が高くなる。パスの判断が早くなる。
スポンサーリンク

選手の特性を調べる方法

選手の特性は、2つの方法で調べることができます。

①ゲーム内で確認する
②ウェブサイトで確認する

①ゲーム内で確認する

先日のアップデートで、ゲーム内の選手詳細から特性を確認することができるようになりました。

選手にカーソルを合わせて、R3ボタンを押すと選手詳細を見ることができます。そして、R1ボタンで右に移動すると、選手の特性を確認できます。

FIFA 20 FUT 20  特性 確認

②ウェブサイトで確認する

ウェブサイトから、選手の特性を確認できます。

FUTBIN~FIFA20

選手の「INFO」から「特性」を選ぶと、選手の特性を確認することができます。

ゲームを起動する必要がないので、スマホがあれば手軽に調べることができます。

スポンサーリンク

FUTで有効な特性、有効でない特性

FIFA 20には31種類の特性がありますが、FUTでは有効でない特性もあります。例えば、チップシュートを打つ可能性が高くなる特性「チップシュート」。

チップシュートはプレイヤーが操作して出すシュートなので、可能性が高くなっても、プレイヤーが操作しなければチップシュートにはなりません。つまり、FUTでは有効でない特性と言えます。

FUTで有効であれば〇、有効でなければ✖をつけてみました。

特性説明FUT
高精度シュート
(Finesse Shot)
シュートに最大限のカーブがかかる。シュートの軌道が変わる。
アウトカーブ
(Outside Foot Shot)
アウトサイドでシュートを打てる。
パワーヘッダー
(Power Header)
ヘディングが強力になる。ターゲットポジションに入りやすくなる。
ロングスロー
(Long Throw-In)
スローインの最大飛距離が大きくなる。
超ロングスロー
(Giant Throw-In)
スローインの最大飛距離がさらに大きくなる。
アーリークロス
(Early Crosser)
アーリークロスを上げる頻度が高まる。
ドリブンフリーキック
(Power Free-Kick)
より強いフリーキックを蹴ることができる。
スワーブ
(Swerve)
アウトサイドで打つシュートが正確になる。パスに最大限のカーブがかかる。
ファンシーパス
(Fancy Passes)
フレアパスをミスする確率が低くなる。
華麗な身のこなし
(Flair)
フレア操作なしでフレアパスやシュートを行うことがある。選手を避けるため、低いロブパスではなく高いロブパスを出す。
負傷癖
(Injury Prone)
接触時に怪我をする確率が高くなる。
鉄人
(Solid Player)
接触時に怪我をする確率が低くなる。
果敢な飛び出し
(Pushes out of Goal)
積極的にボックスから飛び出す。
慎重なクロス対応
(Cautious with Crosses)
相手よりも先にボールを触れられる可能性が大きい時にのみ、クロスをインターセプトしようとする。
積極的なクロス対応
(Comes for Crosses)
相手よりもわずかに先にボールを触れられる状況でも、クロスをインターセプトしようとする。
GK 足でのセーブ
(GK Saves with Feet)
至近距離からのシュートを阻止する確率が高くなる。
GK フラットキック
(GK Flat Kick)
ドリブンサイドキック(R1長押し)を行えるようになる。
GK ロングスロー
(GK Long Throw)
遠くの選手を狙ってボールを投げられる。
バイシクルキック
(Bicycle kicks)
状況に応じてバイシクルキックを行う頻度が高まる。
プレースキッカー
(Set Play Specialist)
セットプレイの際に、エイムが中央に戻らなくなる。
セカンドウインド
(Second wind)
75分時点で試合に負けていると、試合終盤に疲れにくくなる。
リーダーシップ
(Leadership)
キャプテン選出の判断材料になる。
クラブの象徴
(One Club Player)
キャプテン選出の判断材料になる。
チームプレイヤー
(Team Player)
キャプテン選出の判断材料になる。
ダイビングタックル
(Dives Into Tackles)
スライディングタックルを使用する頻度が高くなる。
チップシュート
(Chip shot)
チップシュートを打つ可能性が高くなる。
テクニカルドリブル
(Technical Dribbler)
長い距離をドリブルしたり、ジグザグにドリブルする頻度が高くなる。シュートコーナー時にサポートにかけつける可能性が高くなる。
高速ドリブル
(Speed Dribbler)
長い距離をドリブルしたり、ジグザグにドリブルする頻度が高くなる。
ロングパスの名手
(Long Passer)
ロングパスを出す頻度が高くなる。
ロングシューター
(Long Shot Taker)
ボールを運びながらロングシュートを狙う頻度、遠距離からボレーシュートを狙う頻度が高くなる。
プレイメーカー
(Playmaker)
ボールが集まりやすくなり、攻撃を組み立てる頻度が高くなる。パスの判断が早くなる。
FUTで有効でないというだけで、キャリアモードやプロクラブなどでは有効です。モードによって変わるので、詳しい内容はこちらからどうぞ。「FIFA 20」選手の特性
スポンサーリンク

FUTで使えるおすすめの特性を紹介!

様々な特性がありますが、FUTで勝利するためにおすすめの特性を紹介します。

特性説明理由
高精度シュート
(Finesse Shot)
シュートに最大限のカーブがかかる。シュートの軌道が変わる。シュートが入りやすくなる。カーブ値が高いとなおいい。
アウトカーブ
(Outside Foot Shot)
アウトサイドでシュートを打てる。シュートが入りやすくなる。様々な体勢でシュートが打てる。シュートの軌道が変わる。
パワーヘッダー
(Power Header)
ヘディングが強力になる。ターゲットポジションに入りやすくなる。ヘディングシュートが入りやすくなる。ジャンプ値が高いとなおいい。
ドリブンフリーキック
(Power Free-Kick)
より強いフリーキックを蹴ることができる。FKからシュートが入りやすくなる。シュート力値が高いとなおいい。
華麗な身のこなし
(Flair)
フレア操作なしでフレアパスやフレアシュートを行うことがある。選手を避けるため、低いロブパスではなく高いロブパスを出す。パスが通りやすくなったり、シュートが入りやすくなる。
GK 足でのセーブ
(GK Saves with Feet)
至近距離からのシュートを阻止する確率が高くなる。シュートを止める機会が多くなる。
GK ロングスロー
(GK Long Throw)
遠くの選手を狙ってボールを投げられる。GKから素早い攻撃ができる。

特に、高精度シュートやアウトカーブは得点につながりやすく、GK 足でのセーブは失点を防ぎやすいので、強い選手を探す材料にしてみましょう。

スポンサーリンク

選手の特性から考える、強い選手の見つけ方

高精度シュートは、シュートに最大限のカーブがかかる特性です。さらに選手のカーブ値が高ければ、より得点につながりやすいシュートになります。

つまり、高精度シュートの特性を持つ選手に絞り、カーブ値が高い順に並べれば、高精度シュートが入りやすい選手が見つかるということです。

実際に、FUTBINで調べてみましょう。調べる手順は以下の通りです。

①高精度シュートを持つ選手に絞る
②カーブ値が高い順に並び替える
特性は「T&S」から、カーブ値は「👁」から条件を絞ることができます。
FIFA 20 FUT 20  特性 調べ方 フィルター

条件を絞った結果、1位はTOTY メッシ。2位は87 ハーランドでした。確かに、対戦した際のTOTY メッシの高精度シュートを脅威的ですね。

FIFA 20 FUT 20  特性 高精度シュート カーブ

ただ、現実的にTOTY メッシを使えるユーザーは限られるので、10万コイン以下という条件を増やしてみましょう。

①高精度シュートを持つ選手に絞る
②カーブ値が高い順に並び替える
10万コイン以下に絞る
スポンサーリンク

調べた結果、1位はストーリーライン エル・シャーラウィ、2位はヘッドライナー オルシッチでした。購入できる選手としては、86 ハーランド、ヘッドライナー ルイス・アルベルトが上位選手です。

FIFA 20 FUT 20  特性 高精度シュート カーブ 10万コイン以下

まとめ

特性の意味を知って、条件を絞ることで、誰も知らない強い選手が見つかるかもしれません。

安くて強い選手を探すことはFUTの醍醐味だと思うので、ぜひ皆さんも条件を絞ってチーム作りに役立てましょう。

FUTBIN~FIFA20

Twitterをフォローして、当サイトの最新情報を手に入れよう!
@fifagameballさんをフォロー

参考記事:「FIFA 20」選手の特性

コメント

タイトルとURLをコピーしました